スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記事にツッコミ入れるのが遅れたでござるの巻

先日、日経新聞の一面にこんな記事が出ていたのでびっくりした。

政府部門「債務超過」に 09年末「正味資産」初のマイナス
2月22日の一面の左上にあった。

正直言って俺は幻滅したよ、日経。


内容を簡単に説明すると、

「政府部門の負債が拡大して、09年度のB/Sは債務超過になってしまう!
 これは早急に財政健全化しなければ!」

という記事。

財政健全化とは、すなわち負債を減らして資産を増やすこと。
つまり政府部門による負債の減少と資産の増加を求めていることになる。

政府部門の負債とは、主に国債。
同様に資産とは、現金や有価証券、建築物、土地や道路など。

記事を卑近な言葉に置き換えると、

「借金減らして、いろいろな資産を増やせよ」

と言っているに等しい。

いろいろな資産とはいっても、土地を増やすわけにはいかないので、
当然建築物や道路を造ることになるが、これはいわゆるハコモノ行政と批判されている。
ダム建設や橋の建設を事業仕分けで中止しまくった現政権下では期待出来ない。

これで焦点となるのが国債の発行を減らすか否かという点になる。


--------------
ものすごい大雑把にいうと、今現在日本は凄いデフレである。
貨幣流通量が圧倒的に足りない。
じゃあお金刷ればいいじゃん、となるが、簡単にお金を刷る量を増やすと
(日本の¥の)信用が下がるからダメと日本銀行が言うのでできそうにない。

そこで政府が国債を発行してそれを日本銀行が購入すると、あら不思議。
なぜか打ち出の小槌のようにお金が湧き出しますw
(マジ。国債を購入するために仕方なく…と言う名目でお金を刷っています。)

実際は日銀が直接政府から国債を購入することは「原則」禁止されており、
政府が国債発行→民間の企業や金融機関が国債を買う→それを日銀が買う
という間接的な方法で資金調達が行われる。

ここで重要なのがお金の出入り。
「民間の企業や金融機関が国債を買う→それを日銀が買う」
この時誰から誰にお金が渡っているのだろう?
「民間がもっている国債を、日本銀行が買う」のだから、
国債は「民間から日銀へ」、その代金であるお金は「日銀から民間へ」
移動していることになる。

このようにしてただ単純にお金を刷ることなく
(実は民間から国債を買うんで仕方なく…という名目で刷ってるんだけど)、
貨幣流通量を増加させることが出来る。
--------------

さて、日経の記事に戻ろう。

「借金減らして、いろいろな資産を増やせよ」

これは、端的に言って、

「国債の発行を減らせ!」という主張をしている。

すると、極端なデフレ下の日本ではどうなるだろう。
日銀がもっている国債を売る→民間の企業が国債を買う→それを政府が買い取る
と言う方法で国債を償還する。
(※政府が国債を買い取る場合、直接買い取れるかどうか不明。法律で制限されてるのかなぁ…)

お金の流れを見てみよう。
「日銀がもっている国債を売る→民間の企業が国債を買う」
誰から誰にお金が渡っているのだろう?
「日銀が持っている国債を民間が買う」のだから、
国債は「日銀から民間へ」、その代金であるお金は「民間から日銀へ」
移動していることになる。
この結果どうなるかというと、前述した場合と全く逆に、
貨幣流通量を減少させることが出来る。

あれあれ?日本はデフレだったよね?
貨幣流通量減らしちゃっていいの?
さらにデフレになってしまわないの?

俺はこう思う。
これ以上デフレになっていい訳ないだろ!(#・з・)プンスコ

この記事の言っていることは、
「政府の借金がかさんでいるから、それを返済するにはデフレになっていいよね」
と言ってように聞こえる。
マジ日経は頭大丈夫か?



3月に入らないうちにブログに書けて良かった(;・з・)~♪
スポンサーサイト

tag : 思いつき 経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブラフマ

Author:ブラフマ
ニートのようなもの
経済、Python、英語、模写、

タンブラ:http://qbps.tumblr.com/

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ツイッター
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。