スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラマッチョ

2010年、マッチョ主義によって日本社会のとてつもない大改革が始まり、人々の生活が根底から変わりはじめた

どうみてもマッチョです。ほんとうに(ry

かなり極端な書かれ方をしているが面白いし、
なおかつ的を得ているのでとても有意義だ。

これは自分の父親がまさに(文章中で使われる意味での)マッチョに該当するので、
とても共感できるけれども納得したくないと言う複雑な感情が湧いてきた。

マッチョと言っても父親は完全なマッチョではなかった。
英語力は子供から見た自分よりもダメだったし、コミュニケーション能力も普通の社会人レベルか
それ以下だっただろう。

父がマッチョである理由はその精神的筋力の凄まじさだった。
言葉が通じなければ仕事の結果でねじ伏せると言うことを実際に行ったらしいが、
詳細は話してくれない。やはりフェアなやり方ではなかったと感じているのだろう。

英語が出来ないくせに何度も海外出張に行かされ、1年の3分の1は外国に居た。
意思伝達が得意で無いのにリーダー格の仕事を任され、1週間のうち6日は姿が見えなかった。
なぜか。仕事が出来たからだ。

子供のころはわからなかったが、今はその恐ろしさが理解できる。
口で言うより手を動かしたほうが早い人種だったが、それでも出世してしまった。

自分に厳しく他人に厳しい人でもある。
朝6時に起こされ無理やりジョギングに付き合わされた。
おかげで中学校3年間の記憶が無い。(眠気には勝てなかった)

あまりにケチでおもちゃなどめったに買ってもらえないため、
「うちはビンボーなんだ」と思っていたがなんと新築で一戸建てを買ってしまった。
(コレはおそらく父の野望のようなものだったと思う)

なんというマッチョ。それも偏ったガリマッチョだ。
ブラフマが体調を崩したことを父は自分のせいだと思い込んでぶっ倒れたw
家でぶらぶらしているのを見て出て行けといわれた。

こんな親を反面教師に育ったからか口先だけは達者になってしまった。
言うなれば「筋肉まで脳みそ」である。
だが、マッチョの精神は受け継がれているようだ。
あの文章を読んでヤル気が湧いてくるのだから。

しかし、これは結果で示す以外に気づいてもらう方法はないだろう。
スポンサーサイト

tag : 日記 思いつき

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブラフマ

Author:ブラフマ
ニートのようなもの
経済、Python、英語、模写、

タンブラ:http://qbps.tumblr.com/

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ツイッター
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。