スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣られた

分裂勘違い君劇場より

不運と理不尽に襲われたとき、うまく切り抜ける人と、逃げ切れずに酷い目に会う人の違い

久々に釣られた(´・(ェ)・`)クマー
反応せざるを得ない。

自分は元々ウィンプだった。
しかし父親のマッチョに影響されマッチョよりになった。

自分の上の兄弟は元々マッチョだった。
だが父親のマッチョに影響されてウィンプよりになった。

なぜだろう。
それは父親の行動がいつも嫌悪刺激(punisher)だったからだ。

いつも失敗をためらってうじうじしているとぶっ飛ばされた。
何という理不尽・・・
最初はコレが普通だと思っていたが、
ちょっと違うみたいだなw

上の兄弟が挑戦して失敗するたびに雷(叱咤的な意味で)が落ちた。
オイオイやりすぎだろ・・・
でもそんなの関係ねぇw
容赦なく叱り飛ばす。

変化はあまり顕在化しなかったが、着実に進んでいたようだ。

自分は表向き失敗を振り返るそぶりを控え、他人の行動を徹底的に観察した。
完全に人格さえコピーできるように演技しようとした。

上の兄弟は挑戦し続けたものの、その失敗を他人になすりつけ始めた。
自分の成功は自分のモノ、自分の失敗は他人のせいというわけだ。

結果はどうなったか・・・
自分は地獄を這いずり回った。
兄弟は平穏な日々を送った。

当たり前だ。
人のせいにした方が楽に決まっている。
自分は人の模倣をした分、その失敗をも模倣することになった。

だが、自分は地獄から帰ってきた。
帰ってきてしまった。できれば狂ってしまった方が楽だったのかもしれない。
だがそれはできなかった。どうしても狂うことができなかった。
これは生まれ付きの精神的なタフさ(マッチョさ?)かどうか分からないが、
なぜか正気を保とうとする恒常性が強い。

いや、狂うべき状況で頑なに正気を保つのは既に狂っているのか?
それとも狂うべき状況で狂えば正常なのか?しかしそれは状況を知らない他者から見れば『狂っている』。
でも、そんなことはどうでもいいw
これをどうでもいいと思えるタフさを手に入れたからだ。

さて、口笛でも吹こうかな( ・з・)~♪
スポンサーサイト

tag : 日記 思いつき

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブラフマ

Author:ブラフマ
ニートのようなもの
経済、Python、英語、模写、

タンブラ:http://qbps.tumblr.com/

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ツイッター
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。